英語翻訳で笑っちゃお! > さ〜そドラマ > スクール・ウォーズ

スクール・ウォーズ

ブックマーク はてなブックマークに追加 del.icio.usに登録 livedoorクリップ! ニフティクリップに登録 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


本日のお題 − 俺はお前達を殴る

あれっくす的難易度: ★☆☆☆☆


本日のお題は読者様からリクエスト、
「スクール・ウォーズ」から。


リクエストありがとうございます!!


「スクール・ウォーズ」、懐かしいですね。


1984年に放映されていた大人気ドラマ!
今でもファンは多いですよね。


イソップー!!!


さてさて、今週も翻訳サイト君にお願いしてみよう。
結構簡単なセリフなので、今日は私の出番がないかも・・・


I hit you.

↑翻訳サイト君の答え


そうそう、「I hit you.」 ・・・・・・


って、それだけかい!!!(怒)


どうも週始めの翻訳サイト君は、やる気がない事が多いのだが、
ここまでやる気がないのもめずらしい。


でも、せめて 「I will hit you」 ぐらいにはしてほしかった(笑)


さて、私もそろそろチャレンジしてみたい。


今週のお題を英語にすると、ズバリ


I will hit you guys.


っとなる。


おしまい。


っとしたいところですが、それでは翻訳サイト君以上にサボってると思われるので、
ちょこっと変えてみよう。


実際には、「 I will hit you guys.」 でも、間違ってはいないが、
もう少し自然な言い回しにしてみよう。


そこで使いたいのが、 「I'm going to 〜」 


私は〜する。 っという意味ですね。


「俺はお前達を殴る」を直訳すると、さっきの「 I will hit you guys.」
っとなるのだが、そもそもこのセリフは「今から殴るぞコノヤロー」っという意味ですよね。

(コノヤローは、いらないけど・・・)


なので、「I'm going to 〜」 を使って、


I'm going to hit you guys.  っとしてみよう。


さらに、口語にしてみると、本日のお題、「俺はお前達を殴る」

を英語にしてみると、


I'm gonna hit you guys.


っとなる。  


ちなみに、「hit」の代わりに 「smack」でもいけそうだ。
(どっちかというと、「ビンタ」だけどね)

あなたがもし、ラグビー元オールジャパンの名フランカーで、
荒れ果てた高校のラグビー部のコーチとなり、

強豪校との試合で100点以上の差をつけられ負けたのに、
悔しがるどころか、無気力な生徒達に向かって、

「俺はお前達を殴る」っと言おうとしたが、

今後の事を考えて、どうせなら英語のレッスンも
ついでにつけてやろうと思い、英語で言いたい時の為に覚えておこう!


ブログランキングに参加してます! アナタの清き一票、よろしくお願いします(^^)
こちらをカチッ→ 応援する
HOT
人気の英語系Blogランキング

人気のBlogをチェ〜ック
→ 

カテゴリ

おすすめ

Cool Links


注目!!