英語翻訳で笑っちゃお! > か〜こドラマ > ごくせん

ごくせん

ブックマーク はてなブックマークに追加 del.icio.usに登録 livedoorクリップ! ニフティクリップに登録 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


本日のお題 − あたし?あたしはこいつらの担任の先生だよ!

あれっくす的難易度: ★★★☆☆


本日のお題は人気ドラマ、「ごくせん」から!
原作は人気コミックだったんですねー。

大江戸一家3代目の孫、「ヤンクミ」こと、「山口久美子(仲間 由紀恵)
が織成す熱血任侠学園コメディー。

現在第2シリーズが放映中ですね。私も大好きで毎週欠かさずみています。
それにしても、何故ヤンクミはあんなに強いんでしょう・・・・

そんな「ヤンクミ」の決めゼリフ、「あたし?あたしはこいつらの担任の先生だよ!」
を早速某翻訳サイト君にかけてみよう。

I?I am this fellows' homeroom teacher.  ←某翻訳サイト君出力

ははは、微妙に変!
「こいつら」を「fellows」にしたところが、なかなかニクい。

翻訳サイト君が出力したように、「担任の先生」は、「Homeroom teacher」っとなる。

また、最初の「I」は、「Me」の方が良いだろう。
問題は、「あたしはこいつらの」の部分。 仮に今日のお題をすんなりと訳すと、
「Me? I'm their homeroom teacher.」っとなる。

が、これでは普通すぎる。
ヤンクミが使う、ちょっと汚い言葉がまるで反映されていない。

そこで、「こいつら」に注目しよう。 ここでなんとかなりそうだ。
普通にいくと、「こいつら」は単に「their」っとなりがちだが、
ここは「bozo」っという単語を使ってみよう。

これはスラングで、普通は「このアホ」、
「この間抜けやろう」などという使い方をするのだが、
「Who the hell is this bozo? 」
「コイツは一体誰なんだ?」っという使い方もする。
ヤンクミの「汚い言葉」をスラングに結びつけてしまおう。

さらに、「複数」なので、「bozo」を「bozo's」っとなる。
(「このアホども」っという意味にもなる)

そうすると、本日のお題 「あたし?あたしはこいつらの担任の先生だよ!」

をあれっくす流に英語にしてみると、

「Me? I'm these bozo's homeroom teacher!」 っとなる。

もしあなたが英語圏の教師である、もしくは英語圏の教師を目指す方で、
かわいい生徒をどこぞの悪者に連れ去られ、さっそうと助けに行った時に、
その悪者に「誰だオマエ?」っと聞かれた場合に是非使って頂きたい!
日本語のセリフと違い、男女どちらでも使えるので安心だ。

そんな時の為に、
「あたし?あたしはこいつらの担任の先生だよ!」を英語で聞いてみよう!

 英語音声


ブログランキングに参加してます! アナタの清き一票、よろしくお願いします(^^)
こちらをカチッ→ 応援する
HOT
人気の英語系Blogランキング

人気のBlogをチェ〜ック
→ 

カテゴリ

おすすめ

Cool Links


注目!!