英語翻訳で笑っちゃお! > や〜よマンガ・アニメ > 妖怪人間ベム

妖怪人間ベム

ブックマーク はてなブックマークに追加 del.icio.usに登録 livedoorクリップ! ニフティクリップに登録 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


本日のお題 − はやく人間になりたい!

あれっくす的難易度: ★★☆☆☆


ちょっと古いが、本日のお題は【妖怪人間ベム】から。
1968年から放映していたこのアニメはとにかく怖かった・・・
(私はまだ生まれていなかったのでもちろん再放送)
三人の妖怪 ベム・ベラ・ベロが大活躍するアニメだ。
誰がどれだったかはもう忘れてしまったが、
名前がとにかくイケてる。 ”ナウイ”って感じかな(笑)

さて、一体この三人の妖怪の誰のセリフか忘れてしまったが、
人間の為に悪と戦っていれば、いつかは人間になれる!っと思う
ところから、この名台詞 「はやく人間になりたい!」が生まれたのだが、
(違ったらゴメンなさい。) なんとびっくり!人間になる事はなかった。
かわいそうに・・・・ ひどい・・・・ あんまりだ・・・・

感傷に浸ってる場合じゃない。早速変換。
恒例の(?)翻訳サイトに行ってみよう。

はやく人間になりたい!
→ I want to already become く人間 (←このままでてきました)

ん?  えっ??? なんじゃこれ? なんで「く」 と 「人間」はそのままなんだ????

微妙に笑えなかったので、普通に翻訳。

「はやく人間になりたい!」は恐らく行くとおりかの翻訳があるだろうと思うが、
ニュアンスと、コレを言った妖怪の気持ちを考えると以下がいいと思う。

I wanna be a human being ASAP.

「人間」は別に”human” だけでもいいのだが、
別の生き物である”妖怪”が言うのだから、
”human being”の方がいいだろう。”human”はどちらかというと、
”人”っという使い方になる。

また、ASAPは非常に良く使われる省略形で、 as soon as possible を意味する。
読み方は エイ・エス・エイ・ピー もしくは、 エイ・サップ っと発音する。
”できるだけ早く” ”早急に”っという意味なので、コレを使う事により
妖怪の”気持ち” が伝わってくると思われる。

っと言うことで、あなたがもし妖怪で、早く人間になりたいのであれば
是非使ってください。

I wanna be a human being ASAP!

※人間の為に悪と戦ったところで、人間になれる可能性は限りなく
ゼロですのであしからず。

記憶の奥底に眠っていたもの思い出し、真似てみた英語版はこちら

 英語音声


ブログランキングに参加してます! アナタの清き一票、よろしくお願いします(^^)
こちらをカチッ→ 応援する
HOT
人気の英語系Blogランキング

人気のBlogをチェ〜ック
→ 

カテゴリ

おすすめ

Cool Links


注目!!