英語翻訳で笑っちゃお! > ら〜ろマンガ・アニメ > ルパン3世

ルパン3世

ブックマーク はてなブックマークに追加 del.icio.usに登録 livedoorクリップ! ニフティクリップに登録 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


本日のお題 − またつまらぬ物を斬ってしまった

あれっくす的難易度: ★★★★★


本日のお題は、ご存知!「ルパン3世」に登場する、
石川五エ門の決めゼリフをおおくりします。

この石川五エ門、かの有名な石川五右衛門の13代目の末裔らしい。
ちなみに、愛刀は「斬鉄剣」、背は180cm63kg っと、結構大柄だ。

さてさて、早速某翻訳サイト君のお世話になろう。

Moreover, the thing not blocked has been cut.
        ↑
翻訳サイト君の答え

う〜ん、これまた微妙・・・
結論からいうと、全く意味がわかりません。
単語自体は間違ってはいないが・・・・

「Moreover」 → 「また」  「has been cut」 → 「切ってしまった」

でも一番イケてるのは、「blocked」。 最初はかなり理解に苦しんだのだが、
「つまらぬ」を、「詰まらぬ」っととらえたようだ。

翻訳サイト君が間違えたように、今回のセリフで一番困るのは、「つまらぬ物」

さてどうしよう・・・・

さらに、「斬る」もかなりのクセもの。 困った・・・・

他の部分からいくと、「I've ○○ again」がいいだろう。
問題はその○○。

「つまらない物」、これは「some thing boring」等があるが、ここで
五エ門の立場になってみよう。
五エ門が斬ってつまらないというもの、つまりはどうでもいいもの、
つまりはゴミのようなものっという考え方はできないだろうか?

そうなると、「trash」を使うのはどうだろう?
「trash」は「ゴミ」、さらに「くだらないもの」などの意味を持つので、
最適ではないか?

すると、「I've ○ trash again」 っとなる。

大トリは「斬る」。 これは本当に困る。
「cut」や、「chop」は容易に出てくるが、「斬る」っというイメージではない。

そこで、ちょっとでも近づける為に「slashed」を使ってみたい。
他の「cut」などよりも、より鋭利なイメージがあるので、「斬鉄剣」で「斬る」
にはぴったりではないだろうか?

いよいよ本日も完成!

石川五エ門の決めゼリフ、「またつまらぬ物を斬ってしまった」
を英語にしてみると、

「I've slashed trash again.」 っとなる。

ちなみにこのセリフを英語で言う時も、五エ門のように
ボソっと言おう。


五エ門並みに、ボソっと言う英語版を聞いてみよう!

 英語音声


ブログランキングに参加してます! アナタの清き一票、よろしくお願いします(^^)
こちらをカチッ→ 応援する
HOT
人気の英語系Blogランキング

人気のBlogをチェ〜ック
→ 

カテゴリ

おすすめ

Cool Links


注目!!